エーキューブ・インポートセレクション<ACUBE IMPORT SELECTION>テンプレートサイト

menu
デザイン一覧
ペーパーガイド
テンプレートの使用方法
招待状文例集
Q&A
お問い合わせ
商品のご注文はこちら
関連サイト

▼世界の結婚式招待状
世界の結婚式招待状

▼ブライダルウィッシュ
ブライダルウィッシュ

▼プロフィールビデオ
プロフィールビデオ

▼お客様アフターサービス
お客様アフターサービス




婚礼印刷物に関する様々なご質問にお答えします。

 

  • 招待状の役割は?

結婚式に出席してほしいという気持ちを伝えるものです。誰が、いつ、どこで結婚式を行うのかを明記します。結婚式は、招待状をつくる時から始まっています。会場や挙式をイメージし、おふたりらしさをアピールした招待状でゲストをご招待しましょう。

ペーパーアイテムを作る時期は?
  ※ご用意される数によりますが、目安として参考になさって下さい

【4ヶ月前】
新郎・新婦それぞれのご招待予定のゲストの住所録を用意しましょう。

【3ヶ月前】
招待状の作成を始めましょう。
デザイン選びや印刷など時間がかかりますので、余裕を持って
おふたりにふさわしい素敵な招待状をお選びください。

【2ヶ月前】
用意していた招待状を発送します。
返信はがきへの切手の貼り忘れに気をつけて、良き日に投函ください。
ペーパーアイテムもこの時期に決めておくと余裕ができてスムーズです。

【1ヶ月前】
そろそろ招待状の返信はがきが集まるころです。
来賓の方々に披露宴で着席していただく席を決めます。
ペーパーアイテムもこの時期に決めておくと余裕ができてスムーズです。
当日必要なペーパーアイテムは「席次表」「席札」「メニュー」などがあります。
Wishではおふたりのペーパーアイテム作りをサポートします。

【出席者が確定】
出席者が確定しましたら、当日のペーパーアイテムの印刷やセット作業にかかりましょう。

【2日前】
会場で使用するペーパーアイテムは遅くても2日前までに持っていきましょう。
詳しくは式場や会場にお問い合わせください。

【当日】
待ちに待った喜びの日です。
来賓の方々とともに楽しんでください。
おめでとうございます!!

  • 招待状の定形サイズについて
招待状を送る封筒には、郵便法で定められた規定のサイズがあります。 当社の商品は、定形郵便物として主に90円(1通の重さ50gまで)で投函できるものと、定形外郵便物として、封筒が一回り大きいサイズの、1通120円で投函するものがあります。 いずれのサイズも、デザインイメージと招待状のスタイルによって、サイズとともに魅力をアピールしています。弊社で準備させていただいている商品(招待状、返信ハガキ)以外にお客様がなにかを同封される場合は、切手代が不足してしまうことがあります。 投函される前は、事前に郵便局で重さの確認をされることをお勧めいたします。
  • 慶事用の切手について
招待状には、2種類の切手が必要となります。 1種類目は、招待状を投函する際に必要な封書用の切手です。慶事用に郵便局で発売されているのは、80円と90円切手ですので、ぜひお近くの郵便局へお問い合わせされてはいかがでしょうか。 2種類目の切手は、出席の返事をいただく返信はがきに貼る50円切手です。 こちらも慶事用があります。
  • 招待状の文例は?
両親用 文中でおふたりの婚儀のご案内をし、
ご両親のお名前で差し出す文章。
本人用 おふたり自ら、結婚式のご案内をし、
おふたりのお名前で差し出す文章。
連名用 まず、おふたりのご挨拶に始まり、
続いてご両親のご挨拶文を盛り込んだ文章。
この3文例が多く用いられておりますが、この他にも、海外挙式後に国内で披露パーティーされる場合などの文例もございます。もし、おふたりで作られたオリジナル文章をお使いになる場合は、簡素で丁寧な文章でご招待できれば素敵でしょう。時候の挨拶を用いる場合は、下記を参考にしてください。
一月 新春の候・厳寒の候   七月 盛夏の候・酷暑の候
二月 春寒の候・立春の候   八月 残暑の候・立秋の候
三月 早春の候・浅春の候   九月 仲秋の候・新涼の候
四月 春暖の候・陽春の候   十月 秋涼の候・秋冷の候
五月 薫風の候・新緑の候   十一月 新秋の候・晩秋の候
六月 初夏の候・入梅の候   十二月 寒冷の候・師走の候
  • 招待状はいつ頃に出すの?
基本的なスケジュールでは、挙式の2ヶ月前です。 招待状は、挙式の3ヶ月前にご準備し、宛名書きを終えてポストに投函するのは挙式の2ヶ月前頃としてください。 挙式から1ヶ月前頃に、ゲストの方々から出席のお返事をいただくことになります。 この後、挙式までの1ヶ月で、ゲストの人数に合わせた打ち合わせが始まります。
  • 出欠の返信はがきはいつ頃返事を貰うの?
挙式から1ヶ月前頃に、ゲストの方々から出欠のお返事をいただきます。 お返事をいただいた後、挙式までの約1ヶ月間で、ゲストの人数に合わせ、お料理や引出物など数に関係する詳細な打ち合わせが始まります。
  • 招待状の枚数は?
枚数を算定するには、まず、ご招待を予定されているゲストの名簿作りからご準備ください。 ご夫妻でご招待される場合は、1通の招待状をご用意することになります。 また、ご家族でお招きされる場合で、お子様が成人である場合には、別に1通をお出しするのがよいでしょう。 また、直筆で封筒の宛名書きを予定されている場合は、予備枚数を用意しておくと便利です。 ご招待人数の追加などにも対応できます。
  • 招待状の宛名書きはどうすればいいの?
事前に招待客名簿を作成することをお勧めいたします。招待するゲストの方々のお名前を先に書き出しておいて、住所などの情報は、後から追記していけば、名簿作りはスムースです。 ゲストをお一人ずつ思い浮かべながら名簿作りをお楽しみください。
  • デザインはどうやって決めればいいの?
挙式スタイルやパーティーの形態に合わせて様々なイメージにコーディネイトすることが可能です。 おふたりのお好きな色やモチーフからデザイン選びをされてはいかがでしょうか。  テーブルクロスのカラーなどとコーディネイトされると素敵です。 結婚式は、招待状を選ぶ時から、すでに始まっています! ぜひ、挙式・パーティー当日をイメージしながらウエディングドレスを選ぶように、デザイン選びをお楽しみください。
  • ペーパーアイテムに用いられる書体は?
書体選びのポイントは、受け取られたゲストが読みやすいことが最も大切です。それを踏まえたうえで、デザインの雰囲気に合わせた書体・色を選ばれるとよいでしょう。